HOME|浅井木材株式会社新着情報|浅井木材株式会社コンセプト|浅井木材株式会社業務内容|浅井木材株式会社お客様の声|浅井木材株式会社会社案内|浅井木材株式会社
AMOK-FLAT(アモックフラット)|湿気や寒暖差など、日本でも特有な信州の気候の地で、快適に暮らすこと。お互いの気配を感じながらくつろぐ、4人家族でぴったりの家づくり。
新着情報
コンセプト
業務内容
お客様の声
会社案内
アクセス
AMOKBASIC|浅井木材
AMOKFLAT|浅井木材
浅井木材
浅井木材 株式会社
〒399-0035
長野県松本市村井町北1-6-1
TEL:0263-58-2461
FAX:0263-58-2841


お問合せフォームへ
「材木屋ですが家づくりもしています」
をキャッチフレーズに、お客様に寄り添う家づくりを目指しております。

弊社では「AMOK-FLAT」をご提案し、家づくりをお考えの参考になればとご案内申し上げます。

建物参考例
AMOK-FLATシリーズは参考プランです。浅井木材の家づくりはオーナーとの打ち合わせによる〝完全自由設計〟です。
シニア世代に適したお互いの気配を感じられ、のんびりできる空間設計。
車いす対応の動線確保や寝室に隣接するトイレなど安心を取り入れた設計。

畳の間を組み込んだセカンドリビング/ゲストルーム使いの坪庭付きプラン。
間取りは同一のまま、スタイリッシュなモダンデザインも和風もセレクト可能。

収納空間を充実。コンパクトな間取りとデザインが魅力の平屋。


中央にレイアウトしている納戸収納を階段にすれば、2Fを追加可能。

お客様の声はコチラから
基本性能
「すべての家づくりは安心・安全・健康を守る性能を標準仕様でお約束」2020年省エネ基準適合義務化に対応した基本性能をすべてクリア
省エネルギー対策等級 4
品確法が定める住宅性能表示制度の一つ。建築物の断熱性能などといった省エネルギー対策を等級づけしたもの。熱損失係数(Q値)や夏季日射取得係数(μ値)、結露防止対策などを基に判定され、全国を6つの地域に分けて等級を1~4で表示。等級2は旧省エネルギー基準(1980年)、等級3は新省エネルギー基準(1992年)、等級4は次世代省エネルギー基準(1999年)に対応しています。フラット35Sを利用する時には、省エネルギー対策等級4または断熱性性能等級4が必要となる。
耐震性能等級 3 ※1
耐震等級とは品確法が定める住宅性能表示制度の一つ。
「構造の安定に関すること」の項目で、等級1から等級3までの3段階で表示されます。
倒壊、損傷のしにくさを評価し、等級1は建築基準法レベルの耐震性能を満たす水準とし、等級2はその1.25倍、等級3は1.5倍の強さがあることを示します。

※1 間取りの変更、開口部の増加に伴う耐力壁の減少により等級が下がる場合があります。

断熱等性能等級 4
断熱等性能等級とは、2013年(平成25年)に見直された省エネルギー基準において、これまでの熱損失係数、日射取得係数をベースにした「省エネルギー対策等級」から、外皮平均熱貫流率、および冷房期の平均日射熱取得率をベースにした「断熱等性能等級」によるレベル分類がなされ、「等級4」(平成25年基準)、「等級3」(平成4年基準)、「等級2」(昭和55年基準)、「等級1」(その他)となった。
ページ上部へ